1980年頃のカメラ

私が写真を撮り始めた1980年頃は、各社から個性豊かなカメラが
発売されていた。
雑誌「写楽」 1980年6月号に掲載されているカメラ広告を見てみた。
 ・Canon A-1 「スーパー・シューター」カメラロボット
  シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、プログラムAEが選べた。
  プログラムAEは、一眼レフ初搭載。
  従妹が持っていた。ギミック満載で、電池食い。

 ・PENTAX ME SUPER 「ボタン映像2000」
  超高速1/2000秒シャッターを搭載。
  シャッター速度の設定は、ダイヤル式ではなく、UP/DOWNの
  ボタン式だった。
  同級生が持っていた。ボタンが使いやすくはなかった。

 ・Minolta X7 「音楽を楽しむように撮ろう。」
  「いまのキミはピカピカに光って・・・」宮崎美子のCMが良かった。

 ・FUJICA AX-5 「カメラは俺の触覚だ。」
  5モードAE機。

 ・OLYMPUS OM-10 「心を連写する」
  「キミが好きだと言うかわりに、シャッターを押した」大場久美子の
  CMが良かった。
  友人が持っていた。
  絞り優先AE専用機だが、後付けのマニュアルアダプターがあった。

 ・Konica FS-1 「ザ・ワインダー」
  ワインダー内蔵一眼レフ。
  ワイアレスリモコンとか、ショルダーホルスターとか、
  面白いアクセサリーがあった。

 ・CONTAX 137 MD QUARTZ
  「世界初。クォーツ制御のモータードライブ内蔵。」

 ・Nikon EM 「リトルニコン」
  オート専用機 
  後輩の女の子が持っていた。父親がニコン使いだったらしい。

 カメラ業界が活況で、楽しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です