一眼レフカメラ

一眼レフカメラ(ミラー有り)の、
ごついシャッター音が、良い。
ミラーが跳ねて戻る、音とショックが、
シャッターを切った感触を身体に伝える。
光学式ファインダーも、ダイレクトで良い。

しかし、音やショックは、本来は小さい方が良いし、
電子ビューファインダーのほうが、利便性は高い。

とは言え、フィルムカメラで育った身体の感覚は、
なかなか変わらない。 

レンズ修理完了

標準ズームの修理が完了して、
今日、カメラボディと共に引き取ってきた。
ストロボはまだ一週間ほど修理にかかるそうだ。
とりあえず復旧。

1980年頃のカメラ

私が写真を撮り始めた1980年頃は、各社から個性豊かなカメラが
発売されていた。
雑誌「写楽」 1980年6月号に掲載されているカメラ広告を見てみた。
 ・Canon A-1 「スーパー・シューター」カメラロボット
  シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、プログラムAEが選べた。
  プログラムAEは、一眼レフ初搭載。
  従妹が持っていた。ギミック満載で、電池食い。

 ・PENTAX ME SUPER 「ボタン映像2000」
  超高速1/2000秒シャッターを搭載。
  シャッター速度の設定は、ダイヤル式ではなく、UP/DOWNの
  ボタン式だった。
  同級生が持っていた。ボタンが使いやすくはなかった。

 ・Minolta X7 「音楽を楽しむように撮ろう。」
  「いまのキミはピカピカに光って・・・」宮崎美子のCMが良かった。

 ・FUJICA AX-5 「カメラは俺の触覚だ。」
  5モードAE機。

 ・OLYMPUS OM-10 「心を連写する」
  「キミが好きだと言うかわりに、シャッターを押した」大場久美子の
  CMが良かった。
  友人が持っていた。
  絞り優先AE専用機だが、後付けのマニュアルアダプターがあった。

 ・Konica FS-1 「ザ・ワインダー」
  ワインダー内蔵一眼レフ。
  ワイアレスリモコンとか、ショルダーホルスターとか、
  面白いアクセサリーがあった。

 ・CONTAX 137 MD QUARTZ
  「世界初。クォーツ制御のモータードライブ内蔵。」

 ・Nikon EM 「リトルニコン」
  オート専用機 
  後輩の女の子が持っていた。父親がニコン使いだったらしい。

 カメラ業界が活況で、楽しそう。

写楽 SHAGAKU

昔、小学館に「写楽」(SHAGAKU)と言う写真雑誌(月刊)があった。

1980年4月に創刊、1985年12月に休刊。5年半ほどで、通巻69号。
コンセプトは「音を楽しむように写真を楽しむ」。
篠山紀信を中心に、沢渡朔、操上和美らが撮影の女性のヌードグラビアや、
実験的な写真、面白写真がいっぱい。写真を楽しむための雑誌だった。

買い始めたのは高校2年生の頃で、
買っていなかった分は、古本屋で探して全巻揃えた。
今でも部屋の本棚に収まっている。
面白い雑誌だったな。
創刊号 森下愛子 篠山紀信撮影
創刊号 森下愛子 撮影:篠山紀信

有松

旧東海道の有松の町並みを撮影。
有松絞りで有名な町。
江戸時代の町並みが残っている。
旧東海道筋だけど、宿場町ではない。
だから陣屋などは無い。
宿場は東は池鯉鮒、西に鳴海がある。

EOS RPで、初の町並み撮影。
電子ビューファインダーは便利。
好みでは無いが。
心配していたバッテリーも、それなりに大丈夫だった。
2ndカメラとしては十分かな。

ストロボの修理見積り

サービスセンターから連絡有り。
ストロボの故障は、再現せず。
念のため部品交換をするか? 2.5万円ほど。
中止か迷ったが、続行を回答。
リモート発光が不安定だったんだが・・・。

EOS RP

標準ズームレンズ(+ボディ)とストロボは、いまだ修理中。
これを機にサブ・カメラを一式購入。
Canon EOS RP + RF24-240mm (+ EF-EOS R), 
NISSIN i60A + Air 10s (+Air R)
これで、とりあえず再始動。
EOS RP

新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

修理見積

標準ズームレンズの修理の見積り回答があった。
通信装置の故障、交換で、見積り金額は3万円ほど。
期間の提示は無かったけど、年末年始があるから、
1月中旬ぐらいだろう。
早く戻ってほしい。